【仮想通貨小説】~仮想の果実 2~

 
 

春の日の来訪者

「はーい、今行きます」
 
 妻の順子の声が聞こえ、玄関を開ける音がし続いて若い女の声がした。
 
「こんにちは・・・」
 
「あのー、どちら様でしょうか?」
 
 順子のちょっと警戒するようなそれでいて少し嬉しそうな声がしていた。
 
「あの・・・和彦さんはいらっしゃいますか」
 
「和彦ですか。はい、おりますけど・・・あの失礼ですけどお宅様はどちら様でしょう
 
か?」
 
 そこまで聞いて、陽一は書斎を出てさりげなく玄関を見た。順子の前に、二十四、五
 
くらいに見える若い女性が少しはにかんだ様子で立っていた。
 
「すみません申し遅れました。わたし、和彦さんが以前働いていた会社の同僚で真島さ
 
やかと言います」
 
 陽一が、リビングに入ろうとしているのに気づいた彼女がお辞儀を軽くしたのであわ
 
てて返した。
 
「あ、じゃあちょっとお待ちください」
 
 そこまで言うと順子は二階に向かって声を張り上げた。
 
「和彦、和ちゃんお客さんよ。下りてきて」
 
 リビングで陽一と順子は黙ってコーヒーを飲んでいる。部屋中にコーヒーの香が漂って
 
いた。半分ほど飲んだ所でもう我慢が出来ないという風に順子が口を開いた。
 
「ねえ、あのお嬢さん和彦の彼女かしら、あなたどう思う?」
 
 陽一は、残りのコーヒーをいっきに飲んだ苦みが少し口に残った。
 
「・・・・・」
 
「和ちゃん、結婚とかいろいろ考えているのかしら?」
 
 のん気でいいな、この人はと陽一は思っていた。だいたい結婚してからがそうだっ
 
た。彼女には危機感というものが無い、いや、あるのかもしれないがあまり人前では見
 
せないのだ。まだ、二人が若く和彦が幼かった頃わが家の経済状態はかなり厳しかっ
 
た。仕事は頑張っていたが、なにせ給料が安かった。働いても働いてもなかなか貧乏所
 
帯からは抜け出せなかった。そんなこんなで、ついイライラして彼女にもろに感情をぶ
 
つけてしまったことがあった。そんなときでも彼女は泣きもせず、いや本当は俺の知ら
 
ないところで泣いていたのかも知れないが・・・・・。
 
「何とか、なるわよ」が彼女の口癖だった。今となってみればそれに随分と救われたよ
 
うな気がするが。
 
「ねえ、聞いてる?」
 
 順子に、そう言われて陽一は、コーヒーカップを手でもてあそびながら言った。
 
「あぁ聞いてるよ、でも仕事もしていないのに結婚がどうのとかの話じゃないだろう」
 
「そりゃあ、そうなんだけど…そんな事、何とかなるんじゃないの」
 
 ほら、やっぱり出たと陽一が思った時、二人が二階から下りてきた。和彦は外出する
 
格好をしていた。
 
「ちょっと、出かけてくる」
 
 和彦が靴を履いているその隣で、さやかが笑顔まじりの元気な声で言った。
 
「おじゃましました。これで、失礼します」
 
「まあ、まあお構いもしませんで」
 
 玄関の上がり框のところで、順子が愛想笑いの挨拶をした。
 
「和彦、遅くなるのか?」と陽一が聞いた。
 
「ああ、だから今日は夕食の用意はいいよ」
 
 和彦と真島さやかと言ったお嬢さんを見送った後、夫婦二人は期待と不安が入り混
 
じった妙な気分で書斎と台所に戻っていった。