【仮想通貨小説】~仮想の果実 3~ 


宴の日

 坂田家には、いわゆる猫の額ほどの庭がある。その庭に入る門柱のステン製の扉を開
 
けると右側に見るからに貧弱そうな雑木がある。
 
多分どこかの鳥が種子を運んできたものだと思う。なぜなら夫婦にはそれを植えた記憶
 
がなかった。それから玄関の脇に申しわけ程度の小さな菜園があるが、そこは順子のお
 
楽しみの場所だ。
 
「今年はキュウリとじゃがいもそれにミニトマトを育てるつもり、去年キュウリが虫に
 
やられて全滅しちゃったから今年はそれのリベンジってとこかしらね」
 
 陽一は、順子の言葉を聞きながら全然別のことを考えていた。和彦の事である「あい
 
つはいったいこの先どうするつもりなんだろう。仕事のこともそうだし、今つき合って
 
いる彼女のこともあるし・・・・・」
 
「ねえ、聞いてる」
 
 順子は肥料袋のビニールを破りながらこちらを睨んでいた。
 
「あなた、いつもそうよね人の話をうわの空で聞いてる」
 
 手のなかに抜いたばかりの雑草を持っていた陽一が少しあわてた感じで答えた。
 
「聞いてるよ、ジャガイモのリベンジの話だろう」
 
「違うわよキュウリよキュウリやっぱり聞いてなかったのね」
 
「ごめん、ごめん」と言いながら、陽一は別の話にすりかえて言った。
 
「今夜、ほら何て言ったかな和彦がつき合っている。さ、なんとかさん」
 
「さやかさんよ、もういい加減覚えないと失礼よ」
 
 あっ、そうかという顔をして陽一は手拭で額の汗を拭きながら言った。
 
「今夜、そのさやかさん来るんだろう?」
 
 順子は、少し呆れた様子で肥料を土にやりながら答えた。
 
「そうなの二人から大事な話があるって和ちゃん言ってたけど何かしらね、まあだいた
 
い想像はつくけど…」
 
「・・・・・」
 
 土は日光に当たり過ぎたのか、少し水気が足りない色をしているがいい感じに耕され
 
ているようだ。 それから、
 
一時間ほど菜園の手入れをしてから二人は家の中に入った。日はまだ高く夕方にはまだ
 
まだ早かったが今夜招待するお客さんの用意をしなくては、ということで夫婦は早めに
 
切り上げたのだった。