【仮想通貨小説】~仮想の果実 4~

 
 
四 
 
霧の中
 
 陽一は、書斎で酒の酔いを醒ましていた。夕食を食べながら切り出した二人の大事な話というのは、やはり結婚の事であった。夫婦ともだいたい察しはついてはいた。
 
とはいうものの具体的に結婚の二文字が出てくると少しだけ気おくれする感じは否めなかった。二人の今後を考えると正直素直に喜べない自分達がいた。これが、一年前のまだ商社に勤めている頃なら諸手を上げて万歳三唱したいくらいだったが・・・・・。 
 
しかし、まあ二人とも親が反対して止めるような歳はとっくに過ぎている、が、やはり心配が次から次にさざ波のように陽一の胸に押し寄せてくるのだ。
 
 
 
「和彦一人なら別にどうとでもなるが」
 
 
しかし、事はそんなに簡単ではないと思うのだ。何より、さやかさんがいる、これに子
 
供が出来たとかそういう事態になればどうなるか…だいいち結婚式までに仕事が見つか
 
らなければ、俺はどんな挨拶をするんだ?
 
 
 
「えー。息子の和彦はただいま無職で実家に居候していまして・・・・・」
 
 
だめだ、だめだ、だめだ、そんなこと言える訳ない。それにこんな状況だとまず相手の
 
親が反対するだろうし、親どころか親戚一同大反対だろう。
 
 
 
「まあ、反対されても結婚は出来るだろうが問題はその後だ。実際問題として結婚には
 
金がかかる」
 
 
最初は良い、二人とも熱に浮かされているようなもんだから問題はその熱が冷めた時
 
だ。結婚式しかり新婚旅行もそうだ二人が住む家はどうするんだ。そうとうな金がいる
 
ぞ、二人ともいい歳の大人なのだから貯金はあると思うけど、しかしそれもいつかは底
 
をつく、金の切れ目が縁の切れ目そこで二人は決定的な破局を迎える。などと、エンド
 
ロールのように、陽一がらちも開かないことを考えていたら彼女を送って行った和彦が
 
戻ってきた。そしてまもなく書斎のドアをノックする音が聞えた。
 
 
 
「親父、いる?入るよ」
 
 
 和彦が入って来たが、その手には缶ビールを二缶下げていた。それから約一時間くら
 
い和彦は話をしたが、それはにわかには信じがたい話だった。なぜ、和彦が缶ビールを
 
持って来たのかそこではじめて解った。酒を呑みながらじゃないととても聞けない話
 
だったのだ。
 
 
和彦の話は、商社にいた頃の海外出張から始まった。その時は、牛だか馬だかの飼料用
 
のトウモロコシの買い付けでアメリカ中を飛び回っていたらしいのだ。 当然、顧客で
 
ある農家だとか買い付けに関係する業者だとかをもてなすパーティも、結構開いていた
 
みたいなのだがその中の、一人と懇意になり友人になったアメリカ人がいてその友人が
 
本業とは別にその当時はやり始めていたネットビジネスとかをしていたらしい。その時
 
にその友人から強く勧められてある物を買ったらしいのだが・・・。
 
 
 
「それがさ、仮想通貨」
 
 
 和彦が缶ビールを一口飲んで、にやりとして言った。
 
 
 
「仮想通貨?なんだそれ」
 
 
「仮想通貨、正式には暗号通貨というんだけど、まあ簡単に言うとネット上だけで取引
 
される通貨の事だよ」
 
 
「???」
 
 
 陽一は、それこそ狐に化かされたような顔をして和彦を見ていた。
 
 
「それは、つまり株とか投資みたいなその類の話なのか」
 
 
「うーん、それとはちょっと違う感じだね。まあ、似て非なるものって事かな」
 
 
 和彦は、陽一にどう説明したら解ってもらえるかと少し困った顔をしてビールをもう
 
一口飲んだ。
 
 
 
「おいおいおい、それは違うだろ和彦、困った顔をするのはこっちだよ!」
 
 
 陽一は心の中でそう叫んだ。息子が訳の解らないことを言いだしてついにこい
 
つ・・・・みたいな気持ちになっているのに、どうしたら良いんだよてな感じで困り果
 
てた顔をするのはこっちだろう。
 
 
 
 
「いいや、回りくどい説明より簡単に言っちゃうよ。今すでに俺、大金持ちなんだよ、
 
いわゆる億万長者」
 
 
 陽一は、もはや呆気に取られるを通り越して茫然としていた。書斎の窓からおぼろに
 
かすんだ月が見えていた。陽一の心はもやのような霧の中に包まれて失望と絶望感に覆
 
われてしまった。
 
 
 
「和彦・・・・・」