【仮想通貨小説】~仮想の果実 6~


暗雲の向こう側

坂井家の住宅は、市街地の中心からかなり郊外の方にあるので車で飛ばしても市内まで三十分はかかる。走りはじめ
た車内には妙な空気が漂っていた。今や猜疑心の塊になっている父親は、押し黙ったままだし,息子の将来を悲観して
いる母親は次から次に流れて来る涙をハンカチで拭うのに精一杯の状況だったが、運転している和彦だけはカーステ
レオから流れる音楽に合わせて鼻歌を歌っていた。市街地に入り暫く走るとマンションが建ちならぶ街並みに変わり
始めた。そのマンション群の中でもひときわ目立つ高層マンションの前で車は止まった。
「さあ、着いたよ」
 と、和彦は言った。
「ごめん、ここで降りて待っててくれない?車を駐車場に置いて来るから」
 怪訝そうな、顔をしている二人を降ろして車は走り去ったがほどなくして和彦は戻ってきた。
「じゃあ、行こうか」
「行こうかって、これ誰のマンションだ」
 陽一が、そう聞いたが和彦は答えずにマンションの入り口の方に向かって歩き出した。入口付近のフロアーはい
ままで陽一も順子も見たことがないくらいピカピカに磨きあげられた大理石で、そこを通り過ぎると自動ドアが
あり,その先には指紋認証の為に壁に埋め込まれたディスプレイがあった。このマンションはかなりセキュリティ
が厳しい場所のようだった。
「こっちだよ」
 和彦が指し示した方向にエレベーターはあったが、ちょっと引き気味の両親をエレベーターに押し込むように乗せ
ると和彦は最上階のボタンを押した。エレベーターの中でも車と同じく沈黙が続いていたが、あっという間にエレベ
ーターは最上階に着いてしまった。呆気に取られている両親を部屋に招き入れると和彦は言った。
「ようこそ、僕の会社へ」
「えっ!」
 陽一と順子は同時に大きな声を出した。確かに言われてみれば住宅というよりも事務所に近かった。部屋は約二十
畳程はあろうか、間仕切りなどはなく広々とした部屋に事務用の机が三、四台ありその上には所せましといくつもの
パソコンが並んでいた。パソコンのディスプレイには何やら株の相場のようなグラフがせわしなく上下していた。
「和彦、本当にお前のマンションでお前の会社なのか?」
 陽一は、まだ信じられないというような顔をしている。順子も気持ちは陽一と同じだった。
「そう言うだろと思って、これを用意してたよ」
 和彦はそう言うと、机の上を指でコツコツとつついて書類らしいものを出した。一冊目の書類には譲渡契約書、二
冊目には権利書と書いてあった。渡された書類にひととおり目を通した陽一が和彦の方をみて言った。
「ふぅむ、どうやら権利書も契約書も本物みたいだな」
「当たり前だろ、正真正銘本物なんだから」
 和彦が不満そうに言った。
 もう一度、書類のある部分を見て陽一は「えっえー!」と又、変な声をあげた。隣にいた順子が何ごとかという顔
をして陽一を見た。
「ここ、ここを見てみろよお母さん」
「何よ、何なのよ一体」
 そう言いながら、陽一が指さしたところを見た順子の目が釘付けになり眼を見開いたまま止まってしまっていた。
「一億二千万・・・・・」
 陽一が呻くように呟いた。それはマンションの譲渡金額であった。