【仮想通貨小説】~仮想の果実 7~



エピローグ

 洋上の潮風が少し日焼けした顔に心地よかった。船室に飽きて甲板に出てきた陽一は
 
深呼吸して胸にいっぱい新鮮な空気を吸い込んだ。日本の港を出てから一週間が過ぎた
 
のだが、まだ夢を見ているような気分が抜けない陽一だった。夫婦は今、豪華客船で世
 
界一周の旅に出たばかりだった。和彦のマンションを訪れてから一年が過ぎていた。あ
 
の後、マンションを出て陽一達は真島さやかと合流したのだが自分の人生の中では一生
 
行く事は無いだろうと思っていた超が付く程の高級レストランで夕食を共にした。
 
「私も、和彦さんから初めて聞いたときは信じられなくて彼が悪い冗談を言ってるんだ
 
と思ってました」
 
 手には、ナイフとフォークを持ってさやかが言った。
 
「その気持ち、解る俺なんか和彦が喋ってることなんてほとんど聞いてなくて、これは
 
病院に入院させた方が良いのかななんて考えていたもんな」
 
 陽一はいかにも慣れてないという手つきでステーキを切り口の中に放り込んだ。その
 
隣では順子がエスカルゴをつまむのに苦労していた。
 
「そうよね、あたしなんか和彦の将来を悲観してポロポロ涙ばっかり流していたもの」
 
 順子が言った。
 
「なんだやっぱり、親父たち俺を病院送りにする相談してたのか、ひどいな」
 
 和彦がそう言って、苦笑するとそれを聞いていた陽一も順子もさやかも一斉に笑っ
 
た。食事が終わってコーヒー
 
を頼んだ時、陽一がほとんど聞いてなかった今までの顛末を和彦が話し出した。和彦が
 
買った仮想通貨それが全ての始まりだった。仮想通貨の名前は、ビットコインと呼ばれ
 
ていたのだが和彦がそれを手に入れた当時は仮想通貨そのものがあまり知られてなくて
 
和彦自身もアメリカから帰って来て仕事に忙殺されビットコインを買ったことも忘れて
 
いた。買った仮想通貨はパソコンのベッドの中で静かに眠っていた。時が来るのを待つ
 
ように・・・・・。
 
「それから、何年か経ってある日ジョージから突然連絡があったんだ」
 
 ちょっと喋り過ぎたのか、喉を潤すように和彦はコーヒーを飲んで話の続きを始め
 
た。
 
ジョージは俺のアメリカの友人なんだけど、そのジョージが言うには、いま仮想通貨
 
が大変なことになっているから。すぐビットコインの事調べてみろっていうんだ。何の
 
ことかさっぱり解らなかったけれど取り敢えずネットで調べて見ると・・・・・」
 
「そ、それでどうなったんだ」
 
 早く、続きをきかせろとばかりに陽一がせかすように言った。
 
「まあ、そう慌てないで、順を追って話すから」
 
 和彦は話の続きを始めた。
 
「俺が、アメリカに出張した時に買っていた仮想通貨、つまりビットコインが信じられ
 
ないことに約十年で100万
 
倍まで価値が上がっていたんだよ」
 
 陽一も順子も固唾をのんで聞き入っていたが、さやかはこの話は知っていたらしく一
 
人落ち着いてコーヒーを飲んでいる。
 
「このことを知ったのが一年半前だったんだけど、それから自分の気持ちを落ち着かせ
 
るのに大変だったよ、だっていきなり大金持ちになった訳だろ、起業してそれで成功し
 
て成金になったとかだったら解るけど、実際は何にもやってなくてある日突然そんな世
 
界にポーンと放り込まれたんだから」
 
 和彦は昔のことを思い出すような顔をしていった。
 
「じゃあ、商社をいきなりやめたのもそれが理由か?」
 
 陽一が確かめるように聞いた。
 
「そう、そうなんだいきなりというか半年くらい考えてなんだけどね」
 
「それなら、そうと言ってくれればいいのに」
 
 順子がちょっと不満そうに言った。
 
「無理だよ、だって自分自身が信じられない事を他の人に理解させるさせるなんて事は
 
到底出来ないと思ったしそれでこれからの事をじっくり考えようと思って会社を辞め
 
たって訳なんだ」
 
 和彦は、それから会社の起業の事や、ビットコインを円に利確したときの税金の話と
 
かを陽一と順子の質問も交えて出来るだけ解りやすく話して閉店時間ぎりぎりまで喋っ
 
ていた。そして一年があっという間に過ぎ夫婦は今、洋上の人となっている。二人とも
 
和彦がそうだったように状況があまりに変わったのでついて行くのに精一杯という感じ
 
はあるのだが、それでも一年前に比べたら随分慣れてきた。
 
「和ちゃんとさやかさん、パリで挙式するんでしょ」
 
順子が言った。
 
「ああ、その時は二人で港まで迎えに来るって言ってたけど、しかしいまだに信じられ
 
ない気分だよ。世界一周の途中パリで和彦とさやかさんのの結婚式に出席だなんて」
 
 陽一は青い海を見ながら独り言のように言った。
 
「そうね、でもこれは夢じゃない現実に私たちは豪華客船の上にいるわ」
 
 しみじみと順子が言った。
 
 船はその巨体に結構大きな波を受けているが微動だにもせず進んでいる、まるでそれ
 
は大きな財産を一気に持った坂田家のようでもあった。甲板にあまり長くいすぎたせい
 
で少し寒くなった二人は船室に戻ろうとした、その時、少し強い風が二人に吹いた。見
 
ると船の前方に黒い雲が湧き上がっている。どうやら雨になるようだ。その黒い雲を見
 
ながら陽一は思わず呟いていた。
 
「良いことばかり続くはずはない、良いことばかりは・・・・・」
 
「あなた、何ぶつぶつ言ってるの早く行きましょう」
 
 順子がせかすように言った。夫婦は今まで歩んできた人生の道を歩むようにゆっくり
 
とでもしっかりと船室の方に向かって行った。