【仮想通貨小説】~仮想の果実5~


求めない誤解

 陽一と順子は、二階の和彦に聞こえないように気を使いながら小声で話しをしてい
 
た。和彦はまだ寝ているようだ。夫婦の話の中心はどうやって和彦を怒らせずに病院に
 
連れて行くかだった。あれから陽一は、和彦から自分がいかにして億万長者になったか
 
という話を聞かされたのであるが陽一は、黙って「うん、うん」と頷いてできるだけ和
 
彦を刺戟しないようにおとなしく聞いていた。もちろん、話の内容などはほとんど聞い
 
ていなかった。ただ、陽一は、和彦が不憫でならなかった。和彦は仕事に疲れ人生に疲
 
れ何もかも投げ出してしまったに違いない、そして空想と現実のはざまでその矛盾に耐
 
えきれなくておかしくなってしまったんだ。きっとその中で生まれたのが、あの空想通
 
貨だったに違いない、というのが陽一の出した結論だった。
 
「病院、どこに連れて行くかなお前どこか知らないか?」
 
 陽一が囁くように順子に聞いた。
 
「私の、知り合いにそれ関係の病院を知っている人がいるからちょっと聞いてみるわ。
 
それよりあちらの親御さんには何て言ったらいいのかしら」
 
 陽一は、腕組みしながらリビングのサッシのガラスから見える景色を見るともなく見
 
て答えた。
 
「まだ、俺たちに伝えたくらいで向こうの親には言ってないんじゃないか」
 
「それなら、いいけど、まさかあの大金持ちって話はしてないでしょうね?」
 
 順子が、溜息をつきながら言った。一応、陽一は順子に昨夜の話をかいつまんで伝え
 
ていた。そのときの順子の愕き、落胆は尋常じゃなかったが夫婦の結論は、若い二人を
 
出来るだけ傷つけない方法で別れさせるということに決まったのである。
 
「さやかさんが可哀そう」
 
 順子が涙目のか細い声で言った。
 
「うーん、二人には可哀そうなことになるけど、これが最善の方法だと思うぞ」
 
「誰が、可哀そうだって?」
 
 テーブルを挟んで話しこんでいた夫婦の真上から突然声がしたので、「うわ!」「ひ
 
え!」と言葉にならない奇声をあげて二人は思わず椅子から立上ってしまった。
 
「なに、二人でコソコソ話し合ってんだよ」
 
 いつの間に、来ていたのか和彦が夫婦のうしろに立っていた。
 
「いや、なに、その、なんだ何でもないんだ。あっ、そうそう遠い親戚の話だよ。なあ
 
母さん」
 
 陽一は、慌てまくってしどろもどろに答えた。 順子は順子で、何よ私に振らないで
 
よと言わんばかりに陽一を睨んだ。
 
「どうせ、俺を病院送りにする相談でもしていたんだろう」
 
 図星を当てられて、陽一が焦って弁解したが額に変な汗が出ていた。
 
「違うんだよ和彦、さっきの話は遠い親戚の話だ」
 
 陽一の、あせっている様子を見ながら和彦は椅子に座った。まだ寝起きらしく頭は寝
 
ぐせがついたままボサボサである。
 
「母さん、コーヒー入れてくれない?」
 
 順子は、まるで壊れ物でも扱うかのようにおどおどとして台所に立った。
 
「はい、はい今すぐ入れてあげるからね。落ち着くのよ、とにかく落ち着いて」
 
 母親に入れてもらったコーヒーを一口、二口呑んだところで和彦が口を開いた。陽一
 
と順子の夫婦は少し上目遣いに自分たちの息子が何を言い出すのかと戦々恐々としてい
 
た。
 
「あのさ、そんな目で自分の息子を見るのはやめてくれないかな」
 
 和彦は、少し非難するような眼で二人を見て言った。夫婦は黙って和彦の言う事を聞
 
いていた。
 
「多分、こういう事になるだろうなと思って中々言い出せなかったんだよね。親父たち
 
の反応は予想通りだったよ、
 
言っとくけど俺は頭がおかしくなんかなっていないよ」
 
 親としては、息子の言うことをできれば信じてあげたい、でもあんな突拍子もない話
 
は信じられない、というのが正直な気持ちだった。
 
「お前の、話は現実味が無さすぎる」
 
 陽一が言った。
 
「私もそう思うわ」
 
 続けて順子もそう言いながら頷いた。
 
「解った、じゃあこうしよう今から街に出よう。そこで俺の言ってることが本当だって
 
こと証明するから」
 
 それから、しぶしぶ承諾した二人を連れて和彦、陽一夫婦の三人は春の日差しが初夏
 
のように熱く照り付ける中を陽一の愛車で出かけて言ったのである。